災害時の対応について


1.台風・大雪等緊急時の対応について

(1)午前7:00の時点で、テレビ・ラジオもしくは気象庁ホームページで、気象情報を確認し、
 
<神奈川県>に、『大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪』の特別警報、大津波警報など
  
特別警報に位置づけられる警報が1つ以上発令または発令中の場合は、臨時休校とし自宅
  学習と
する。

(2)
午前7:00の時点で、テレビ・ラジオもしくは気象庁ホームページで、気象情報を確認し、
  <三浦半島(鎌倉市)>または<湘南地区(藤沢市)>に、『暴風雪、「大雨・洪水」、暴風、
  大雪』
(波浪、高潮警報は除く。「大雨・洪水」は片方の場も両方の場合も1つとして扱
  う。)に関す
警報2つ以上発令または発令中の場合は、自宅待機とする。

(3)午前10:00の時点でなお、(2)警報が2つ以上発令中の場合は、臨時休校とし自宅学習と
  する。また、午前10:00の時点で(2)
警報が1つ以下になった場合は、安全を確保して
  登校する。



2.鉄道が不通の場合の対応について


(1)午前7:00の時点

JR東海道線 横浜・小田原間

小田急江ノ島線 相模大野・片瀬江ノ島間

片方または両方が運転見合わせの場合は自宅待機とする。

(2)午前10:00の時点でなお、上記2路線の片方または両方が運転見合わせの場合は、臨時休校とし
  自宅学習とする。また、
午前10:00の時点で、運転が再開された場合は、安全を確保して登校
  する。